インターネットバンキングの危険性・・・

ネット銀行といえばセキュリティ面で危険がないのか、気になる人も多いと思います。

最近のネット銀行は、このセキュリティの面で力を入れているところがほとんどだと思われます。
人様のお金を預かる銀行ですから、当然といえばそれまでですが、ファイヤーウォールを導入したり、SSL128bit暗号化通信を採用したりと、通信面での強化はもちろん、口座番号とログインIDを別にしたり、暗証番号を2重、3重としたり、ワンタイムパスワードを採用したりと、利用者側からもわかりやすい対策がたくさんとられています。

しかし、危険がたくさん潜んでいるのも事実です。
スパイウェアといって、ネットやメールを介して、知らないうちにパソコンに進入し、パソコンの情報や個人データを盗み出してしまうプログラム。
フィッシングといって、企業や金融機関などからの発信を装ったメールを送り、本物のサイトに酷似した偽サイトに誘導してIDやパスワードを入力させて騙し取る詐欺方法などが有名ですが、他にも様々な手口が使われているようです。

また、どこからでもインターネットさえつながれば利用できるというのが、ネット銀行の強みですが、ネットカフェなどでの利用はかなりの危険を伴います。
ネットカフェでは不特定多数の人が利用できますので、いつ、スパイウエアが仕組まれたり、ウイルスに感染したりしているか、わかりません。

インターネット上で取引するという特性上、どうしてもネットバンキングのセキュリティは、ネット犯罪者とのイタチごっこになってしまいます。
普段からあやしいファイルはクリックしないなど、スパイウエアに侵入されないよう、充分に注意を払いましょう。


インターネットバンキングの種類

ネット銀行サービスは様々な銀行により提供されていますが、大きく分けて3つに分類することができます。

一つ目は実店舗のある銀行のインターネットサービスです。
メガバンクや地方銀行、郵便局などかなりの数の銀行や金融機関がネット銀行サービスを提供しています。
実店舗型の銀行のメリットは、実店舗の口座を持っている人が、オプションとしてネット銀行を利用することができるので、口座を新しく開設するといった手間が省けます。
既にメインバンクとして利用している銀行であっても、ネット銀行を利用するだけで手数料が安くなったり、振込みが楽になるなど、利点が多くなります。

二つ目は実店舗を持つ銀行のインターネット支店です。
これはあまり普及している方法ではありませんが、同じ銀行内であっても、インターネット支店のほうが金利が良いといった場合が多いようです。
みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、みなと銀行、スルガ銀行などで取り入れられています。

最後にインターネット専業銀行です。
実店舗を持たないので、手数料や金利が実店舗型の銀行よりも優遇される場合が多いです。
しかし、反面、店舗がないので入出金は提携した銀行やコンビニのATMを利用しなければならず、手数料がかかってしまう場合もあります。

どのネット銀行サービスも一長一短ではあります。
実際に利用する際には各特色にあわせ、目的に合わせて口座を変えるといった、柔軟性を持つと良いのかもしれません。

ネット銀行と実店舗型銀行の違い

ネットバンクと実店舗型の銀行。
ネット銀行を利用しようとする際、どちらがお得になるのか、やはり比較してしまいますよね。

ネットバンクの利点はネット銀行が専門であるため、実店舗が必要なく、経費が抑えられるので、その分金利や手数料という形で顧客に還元できるということです。

実店舗型の銀行でネット銀行を利用する際の利点は、既に口座を持っている銀行での利用がほとんどでしょうから、新たに口座を開く必要もなく、残高によって会員優遇サービスなども受けることができます。

一般的に銀行を利用する際、一番気になるのが手数料だと思います。
せっかくお金を預けているのに、振り込んだり、引き出したりと、お金を移動するだけで手数料を取られるというのは仕方ないとはいえ、できるだけ減らしたいものです。
以前は手数料を比較しても、ネットバンクと実店舗型の銀行に大きな差がありました。

しかし、ネット銀行の利用者が増えた今、その差はあまりありません。
実店舗型の銀行でも、振込手数料やATM利用手数料の無料化という流れが出てきています。

金利についても同様で、以前は普通預金の金利が、ネットバンクと実店舗型の銀行では何十倍という差がついていました。

しかし、2006年ごろから大手銀行を中心に金利が上昇し始め、現在ではそれほど大きな差はなくなりました。

このように金利や手数料といった点を比較すると大差がなくなってきたからこそ、ネット銀行だとか、実店舗だとかにこだわる必要、なくなり、自分のライフスタイルにあった銀行を選ぶことができるようになったのではないでしょうか。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。