自分でできるセキュリティ管理

ネット銀行はインターネットを利用しますので、店舗のみの取引より、セキュリティの問題などが気になります。

だからこそ、最近のネット銀行では、このセキュリティの面で力を入れているところがほとんどだと思われます。
ファイヤーウォールを導入したり、SSL128bit暗号化通信を採用したりと、通信面での強化はもちろん、口座番号とログインIDを別にしたり、暗証番号を2重、3重としたり、ワンタイムパスワードを採用したりと、利用者側からもわかりやすい対策がたくさんとられています。

ネットの通信面への対策は、銀行側に任せるしかありませんし、セキュリティの穴などにより損失が起きた場合は、銀行側で保証するよう、口座開設時に自動で保険に加入してる場合も多くあります。

ですので、ネットバンキングで危険から身を守るために最も必要なのは自分自身の管理となります。

自分の口座を守るために一番重要なことはまず、IDやパスワードの管理を厳重に行うということです。
特にパスワードについては、誕生日や電話番号など第三者に予想されやすいものは使わない、メモなどに残さない、定期的に変更するという基本的なことが大切になります。

また、ネット銀行は、ネットを介しますので、自身のパソコンのセキュリティも重要になります。
いくら、銀行側が気をつけていたといっても、自分が普段使っているPCのウイルス対策ソフトがPC購入時のままだったなどといっては、無意味になってしまいます。
ウイルス対策ソフトは常に更新するようにしておきましょう。

他にも、フィッシング詐欺などから身を守るために、
怪しいメールは絶対に開かない、リンクがはってあっても安易に飛ばない、SSLが使用されていないページでは、個人情報を入力しない、ソフトのダウンロードやインストール時は内容をよく確認するなど、ウイルス等への対策を充分に練るようにしてください。

一つ一つはそれほど大変なことではありません。
ちょっとしたことで安心してネット銀行を利用できるようになるのですから、普段から心がけておきたいものです。


インターネットバンキング 「手数料をより安く」

銀行を利用する際には何かと手数料がかかるものです。

振込・振替はもちろん、預けたお金を引き出す際にも営業時間外であれば、手数料が必要となる場合が多くあります。

この手数料を少しでも安く済ませる方法が、ネット銀行です。

ネット銀行では、実店舗やATMに出向いて振込みなどを行うよりも、インターネット上で振込操作を行ったほうが手数料が安く済むどころか、場合によっては無料となる銀行もあります。

また、ATMでお金を引き出すということに関しても、ネット銀行に登録しているというだけで、時間外の取引が無料となったり、自行以外の提携先のATMが安く済んだり無料になるなどといったこともあります。

最近では、ネット銀行サービスを提供している銀行がほとんどですので、普段利用している銀行についても調べて見てはいかがでしょうか。

また、これから口座を新たに開設しようとする場合でしたら、是非、いろいろと比較してみることをおススメします。

ネット銀行の普及により、近所にその銀行の店舗がなくても、口座つくり、サービスを受けられる場合が多くなっています。
ネット専業銀行以外でも、インターネット上で口座を作ることができる銀行が増えていますので、より手数料が安く、金利が高いといった銀行を、誰でも利用することができるようになりました。

せっかくこういったサービスが提供されているのですから、利用しないでいるのはもったいないですからね。

ネットバンキング 【住友信託銀行】

住友信託銀行は住友グループの信託銀行です。
信託銀行は一般の銀行業務に加え、信託業務を取り扱う金融機関ですから、住友信託銀行のネット銀行である住友信託ダイレクトでも、資産運用をメインとしたネット銀行となります。

口座維持手数料は無料、振り込み手数料は現在、
同行あて      無料
他行・郵貯あて
(振込額3万円未満)210円
(振込額3万円以上)420円
インターネット取引がメインとなる無通帳口座においては、
同行・他行あて   月5回まで無料
郵貯あて
(振込額3万円未満)210円
(振込額3万円以上)420円
6回目以降の振込が郵貯と同額となっており、格安な設定となっています。

住友信託銀行のネット銀行の最大の売りは、「外貨革命」というが以下定期預金です。
5種類の外国通貨と1ヶ月〜5年まで7種類の預け入れ期間から運用スタンスに合った組み合わせを選べる外貨定期預金となっています。
為替手数料も安く、金利も高めなので、資産運用の原則にかなった外貨預金となっています。

セキュリティについても128bitSSL暗号化プロトコルを使用し、本人確認は7桁の会員番号、パスワードや暗証番号、10桁確認番号を組み合わせて何重にも確認をとる方法となっています。

また、信託取引を希望する年代は、ネット銀行を普段から活用する年代より、若干高めであるかとも思います。
その辺りについても、専門のオペレータを用意し、電話でネット銀行サービスのサポートも行っているようです。

更に、信託銀行だけあって、各資産に対する相談も24時間受け付けていますので、自分にあった運用方法が見つかるのではないでしょうか。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。